FC2ブログ

住宅設計工房OAKS 建築日記

 住む人のライフスタイルに合わせた快適な家づくりをめざす、住宅設計工房OAKS。木造住宅の設計と施工を中心に、ていねいに仕事を進めています。  日々の仕事の一端をつづります。

RSS     Archives
 

昭和の家リノベーション(2)「屋根を軽く」

 
3月28日(土)・29日(日) 奈良市若葉台にて
リノベーション見学会を開催します。

-------------------------------------------

上質な昭和の家は風情があり、なんとも魅力的でしたが、
47年の歳月を経ての内装や設備の傷みがあり、
なおかつ、これから長く住むためには
耐震性、断熱性を考えなければなりませんでした。

昨年の春先、耐震性を考慮して、
先ずは、重い日本瓦土葺きから軽いガルバリウム鋼板へ、
屋根の葺き替えに着手しました。

P1170445.jpg

改修前。
トントン葺きと言われる薄い杉板を野地として
その上に土が載せられ、日本瓦が葺かれていました。

P1170429.jpg

土を降ろして、現況の垂木を補強。
瓦がなくなった分、屋根厚が低くなることを考慮して設けた
かまし垂木の厚み分のスペースを利用して、
屋根断熱を施しました。
また、構造用合板による野地板施工を行い、
屋根面の補強をしました。

P1170569.jpg

P1170652.jpg

ガルバリウム鋼板による立てハゼ葺き。
モダンな印象となり、かつ、屋根が軽くなった分、
耐震性もずいぶん向上しました。

P1170807.jpg


昭和の家リノベーション 完成写真はコチラ→

住宅設計工房OAKS 



Comment


    
プロフィール

住宅設計工房OAKS

Author:住宅設計工房OAKS
FC2ブログへようこそ!




最新コメント

最新トラックバック


検索フォーム