FC2ブログ

住宅設計工房OAKS 建築日記

 住む人のライフスタイルに合わせた快適な家づくりをめざす、住宅設計工房OAKS。木造住宅の設計と施工を中心に、ていねいに仕事を進めています。  日々の仕事の一端をつづります。

RSS     Archives
 

生駒市S邸 書斎

 
先月に耐震補強工事と、
それに伴うリフォーム工事をさせていただいた生駒市のS邸。

ご主人の書斎に、デスクを作りました。

天板はタモの一枚板で、脚や引き出しはナラ材で作りました。
どっしりと重厚で、それでいて作りは繊細、使えば使うほどに味わいが出る。
そんなデスクを目指しました。

sk-tei_convert_20131024desk.jpg

デスクの横には本棚を、タモの集成材で作りました。
膨大な本をお持ちのご主人が、機能的にタフに使える本棚です。

sk-tei_convert_20131024syosai.jpg


住宅設計工房OAKS 



 

書斎のデスク

 
奈良の吉野から仕入れました。
タモの一枚板。

タモ 書斎デスク

整った木目で静かな印象。
下に引き出しをつけて、書斎のデスクを作ります。

隣にはタモの集成材で本棚も造作する予定です。

 

CAFE のテーブル&チェア

 
現在工事中の、和のスイーツ&CAFE、
テーブルとチェアを納品しました。

もともと現代風の建物で、和菓子を供されます。
什器も、和と洋が自然に調和したものを意識し、
デザイン・製作しました。

8人掛けの大テーブル。
天板は、タモと竹を組み合わせて。

20121128cafetable2.jpg

壁沿いには、7mの長さのベンチ・シートを造り付けました。
座面は取り外すことができ、下の部分は収納に。

二人掛けのテーブルは、
天板はタモ、脚は鉄で製作しています。

20121128cafetable3.jpg


住宅設計工房OAKS 




 

H邸家具

 
この春から仕事をさせていただいていた橿原市のH邸。
外構も完成し、
先日、家具を納品させていただきました。
飛騨高山に工場のある柏木工さんのソファーとダイニングチェアーです。
家具もいろいろご検討されたのですが、
無垢のデザインが、
内装の雰囲気にとてもよく合っています。

この柏木工さんの家具、
私も本社や工場も見学させていただきましたが、
考え方も製作も品質にこだわった
長く使える本当にいい家具です。


20111117橿原市H邸家具1

20111117橿原市H邸家具3


住宅設計工房OAKS 
 

タモのテーブル

 
タモの一枚板でダイニング・テーブルを製作しました。
下は、同じくタモのリビング・ローテーブル。
二つとも同じ材、同じデザインで設計しています。


20110809M邸家具1

20110809M邸家具2

タモというのは、最近では、北海道産いや実はロシア産かと噂されていますが、
主に北方の落葉広葉樹です。
建築材として製材されると、シオジやアッシュと同じとみてよいと思います。
植物学的には違うのでしょうが、
板になると、見分けることはほぼ無理であろうと思います。

OAKSでもこのタモは、このようにテーブルやカウンターなどに
しょっちゅう利用しています。
木目が上品で色も浅く美しい。
それに加えて、巾の広い割れや腐れのない良材が手に入りやすいためです。
ただ、今年に入った頃から急に品薄になり、
特にこのテーブルほどの巾(857mm)のものは、なかなか見つかりません。

外国産のタモ(アッシュ)の床材も最近はよく出てきております。
OAKSでも何度か使いましたが、
私は、個人的にはごろんと横になるには堅すぎる気がして
国産の桧や杉の程よい柔らかさと馴染みのある木目が好きです。

野球のバットの多くは、タモで作られているそうです。
すなおな材で、堅くて粘りがあるからです。
これで作ったテーブルは、おそらく一生いや次代までも使っていけるであろうと思います。
厚みが7cmほどありますので、傷がついても1mmも削れば
新品同様に生まれ変わるでしょう。

今回も、作り手と使い手が相談しながら
材料を吟味しての一品です。


住宅設計工房OAKS 
プロフィール

住宅設計工房OAKS

Author:住宅設計工房OAKS
FC2ブログへようこそ!




最新コメント

最新トラックバック


検索フォーム