FC2ブログ

住宅設計工房OAKS 建築日記

 住む人のライフスタイルに合わせた快適な家づくりをめざす、住宅設計工房OAKS。木造住宅の設計と施工を中心に、ていねいに仕事を進めています。  日々の仕事の一端をつづります。

RSS     Archives
 

左官工事

 
精華町Y邸、外部の左官工事中です。
外壁のラス地の上に
モルタルの下塗りをしています。
左官職人の手際のよいコテ塗りの、
シャラシャラという音が響いています。


20111214精華町Y邸左官


住宅設計工房OAKS 
 

精華町Y邸

 
新築工事中のY邸、順調に進んでいます。
内部は、天井、壁に断熱材を充填し、
一部耐火ボードを貼っています。
外部は、ラス工事が終わり、来週から
左官工事を始めます。
長期優良住宅で、断熱材は、
10cm厚の高性能グラスウールです。
施工をしてもその性能の良さが実感できるほど
しっかりとした材料です。

20111209精華町Y邸1

20111209精華町Y邸3

20111209精華町Y邸ラス


住宅設計工房OAKS 
 

精華町Y邸

 
先週、中間検査を受けた精華町Y邸。
検査は、建築確認の検査と10年保証の検査を同日に受けました。
もちろん、何の問題もなく合格です。

そして、その後ユニットバスを施工しました。
1.5坪のサイズです。
図面上でもなかなかのボリュームでしたが、
実際に施工してみるとやはりかなりの大きさです。
これだとゆったりとお風呂を楽しむという感じがします。

20111119精華町Y邸1

下の写真は、電気屋さんが配線をしているところです。
電気配線やLANケーブルなど
図面の通りていねいに配線していきます。

20111119精華町Y邸3

20111119精華町Y邸2


住宅設計工房OAKS 
 

精華町Y邸

 
Y邸、床下の断熱材を敷き詰めているところです。
施工しているのは、大工さんです。
長期優良住宅の仕様どおり、厚み45mmのネオマフォームを
隙間なく入れていきます。
断熱性能の数値もさることながら、
見た感じもずいぶんとしっかりした断熱材です。

20111115精華町Y邸断熱

下の写真は、平板瓦を葺いてるところ。
大屋根はほぼ完了し、下屋の施工です。
耐震設計上、屋根の重量を軽くするための
桟葺き工法(瓦をステンレスの釘で留めつける工法)です。

20111115精華町Y邸瓦


住宅設計工房OAKS 
 

精華町Y邸

 
こちらは、先週棟を上げたY邸。
大工工事が着々と進んでいます。

構造金物がほとんど入り、躯体工事の目処が立ってきました。
屋根の下地もでき、ルーフィング(屋根下地材)も敷きました。
瓦も現場入りし、葺く準備も整ってきました。

現場は、桧の柱が所狭しと立ち並び、
桧の香りが立ち込めています。

20111109精華町Y邸2

20111109精華町Y邸3

20111109精華町Y邸1


20111109精華町Y邸4


住宅設計工房OAKS へ
プロフィール

住宅設計工房OAKS

Author:住宅設計工房OAKS
FC2ブログへようこそ!




最新コメント

最新トラックバック


検索フォーム