住宅設計工房OAKS 建築日記

 住む人のライフスタイルに合わせた快適な家づくりをめざす、住宅設計工房OAKS。木造住宅の設計と施工を中心に、ていねいに仕事を進めています。  日々の仕事の一端をつづります。

RSS     Archives
 

奈良の木BOOK

 
昨日12/25 「奈良の木」マーケティング協議会から発行された
『奈良の木BOOK』 が奈良県内の書店やコンビニにて発売されました。

ちょうど一年前竣工しました若葉台の家
「築47年 昭和の家リノベーション」も
今年度に開催されました第2回奈良の木の家コンテスト
リフォーム部門にて入賞し、掲載いただいております。
ぜひまた一度ご覧下さいませ。

001_convert_20151227122828.jpg

003_convert_20151227122902.jpg


「若葉台の家」竣工写真・工事の様子、ブログ記事はこちらをご覧ください






 

壁面収納

 
先日お引渡しした「精華町の家」。
リビングの壁面収納家具を製作しました。

20151112hi-tei5833.jpg


窓の下に、お気に入りのソファがぴったり納まるように、デザインしました。
両脇には、収納付きのサイドテーブル。
ソファに腰かけて、本を読んだりTVを観たり。
サイドテーブルは、飲みかけのグラスを置くのにちょうどよい高さとなるように
デザインしています。

20151112hi-tei5839.jpg

下の写真はTV台。
壁面収納と同じく、タモの突板で製作しました。

20151112hi-tei5841.jpg

20151112hi-tei5842.jpg


住宅設計工房OAKS 

 

庭木の選定

 
昨年に新築させていただいた施主様と庭木の選定に
矢田まで行ってきました。

010_convert_20151014222839.jpg

ご希望であるヤマボウシについて
造園屋さんからご説明いただきます。

025_convert_20151014225415.jpg

027_convert_20151014222104.jpg

ヤマボウシは、5月から7月の初夏に可愛らしい白い花をつけます。
9月に入ってから実がなり、これから紅く色づく頃。
実が食べられるとは知りませんでしたが、
甘く、ジャムなどにするそう。

030_convert_20151014222150.jpg

玄関先、シンボルツリーとなる大きさ・高さを検討します。

062_convert_20151014222627.jpg

ご自宅に戻り、サイズを確かめ決定しました。
11月入っての植込みが楽しみです。




 

2年目点検

 
お引渡しさせてからの日々は早いもので
N様邸の2年目点検に伺ってまいりました。

まずは外部点検。
屋根・外壁や基礎にクラックなど問題がないか、目視します。
設備関係の点検。
雨水・汚水配管の桝を開け、詰まり等がないかも確認します。

108_convert_20150801140541.jpg

続いて室内に入らせて頂き、玄関を始め建具の状態・動作の点検。
内壁(漆喰・珪藻土・クロス)、床(桧・杉フローリング)等、
内装の点検も行います。

083_convert_20150801140727.jpg

キッチンは、本体はナラ材、天板はステンレスヘアラインで
設計・製作させていただきました。

無垢材のため、引違い扉に多少の反りがあったので、
スムーズに動作するよう調整しました。

087_convert_20150801140452.jpg

2年の経過ですが、床材や天井材が良い色に変化しており
無垢材の良さを改めて感じました。

何よりも施主様ご自身が住まいに愛情を持って
大切にお住まいいただいていることが嬉しく
感動しました。

N様これからも住まいと共によろしくお願い致します。

021.jpg



 

マンションリフォームでの床騒音と遮音

 
先日、大阪木材仲買会館で開催されました
「マンションリフォームでの床騒音と遮音の正しい知識セミナー」
に参加してきました。

会場であるこの建物は、三層式の耐火木造建築物。
木の殿堂に相応しい素晴らしい空間でした。
(設計・施工/竹中工務店)

078_convert_20150625112438.jpg

079_convert_20150625134149.jpg

110_convert_20150625113045.jpg

セミナーの主催は、
無垢材(吉野産30㎜厚杉床材)を使ったマンションリフォームを手掛けられている
マスタープラン一級建築士事務所の小谷和也さん。

いかに心地よく快適に住まうかということの事例報告、
そして近年多くみられるマンションリノベーションでのトラブルや注意点、
なかでも「床騒音と遮音」についての正しい知識について、
間違ってはいけない考え方・設計手法などを学ばせて頂きました。

082_convert_20150625131351.jpg

マンションの床については、
いかに床衝撃音の低減性能(ΔL値)を確保するか、
ということが非常に大切とのお話。
具体的な施工については、
乾式二重床の製造メーカーである長野県の竹村工業さんからの説明があり
正しい施工手法の重要性を学びました。

120_convert_20150625113146.jpg

写真は、国産ヒノキの間伐材による巾450ミリの木毛セメント板と、
振動を吸収するラバー付の脚。
太鼓現象・固体伝播音を防ぐため、壁際は躯体に固定せず透かします。

136_convert_20150625113239.jpg

今回のセミナーを通じて、
単なるデザイン、イメージ先行に終わらない
プロとして正しい知識を基にした性能の確かな設計・施工で、
お客様の声に自信を持ってお応えしていきたいと感じました。


住宅設計工房OAKS 


プロフィール

住宅設計工房OAKS

Author:住宅設計工房OAKS
FC2ブログへようこそ!




最新コメント

最新トラックバック


検索フォーム